料理の語源、意味、由来一覧

共酢(ともず)の意味とは【和食の酢の物、料理用語集】

【和食の酢の物、料理用語集】共酢(ともず)とは主材料の内臓を酢と調味料、または加減酢(だしを含む)等で調味し、主となる食材にかけたり和えたりする場合に使う合わせ酢のことです。主に魚介類を用いて、その肝や白子(精巣)を使う場合が多く、あんこう、皮はぎ、あわび、たい、ふぐ等で作ります。調理例【あんこうの共酢】

蓼科和え(たてしなあえ)の語源、意味、由来【和え物、酢の物の料理用語集】

蓼科和え(たてしなあえ)の【語源、意味】今回は、りんごを使った和え物名の蓼科和え(たてしなあえ)をご紹介したいと思いますので献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。蓼科和え(たてしなあえ)とは、りんごのすりおろし、または細かく切ったものを土佐酢や加減酢などの調味酢と混ぜ、和え衣として他の材料と合わせた料理をいいます。

紅葉和え(もみじあえ)の語源、意味、由来【和え物 料理用語集】

【紅葉和え(もみじあえ)の意味】今回は本サイトの【料理用語集】から、紅葉和え(もみじあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。紅葉和え(もみじあえ)とは、赤色の和え衣と材料を合わせた料理や、赤みのある和え物に使う献立名です。料理の色が赤く、秋に色付く葉の紅葉(もみじ)を連想させることからこの名があります。

翁和え(おきなあえ)の語源、意味、由来【和え物料理用語集】

翁和え(おきなあえ)とは、おぼろ昆布、白髪昆布、とろろ昆布などの削った昆布を和え衣に使用した料理のことで、和え物以外に翁焼き、翁蒸し、翁揚げなどがあります。翁(おきな)とは、年を取った男性のことを表し、削った昆布が老人の白髪を想像させることから、この名があります。■和え物に使える調味料割合>

檸檬酢(れもんず)の意味とは【和食の酢の物、料理用語集】

酢の物の料理用語集【檸檬酢(れもんず)とは】レモンの酸味を利用した合わせ酢のことで、かけ酢、つけ酢、和え酢などに使います。【レモン酢の効果】レモンを使用することで柑橘系(かんきつけい)の香りと生酢では表現できない柔らかい酸味を料理に取り入れられます。