「 和食の献立用語集 」一覧

 


煮物の語源、由来50音一覧【和食の献立、料理用語集】

【煮物の料理用語集】煮物の名称、語源、意味、由来「50音一覧」今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介している料理用語を、こちらでも検索できるように整理いたしましたので煮物作りや和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物の用語に移動いたします 。料理名を選んでお役立てください。

尾頭焼き(おかしらやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

尾頭焼き(おかしらやき)とは、魚の尾と頭がついた状態の焼き物のことで「尾頭付きの焼き物」という意味ですが、この言葉は使わずに尾頭付きの焼き物というのが一般的です。※親分や頭首の意味で使われる言葉の「おかしら」から、魚の頭の焼き物をこの名で呼ぶことはありませんので注意してください。魚の頭を焼いたものは兜焼き(かぶとやき)といいます。

和食の飯蒸し(いいむし)の意味とは【蒸し物 料理用語集】

飯蒸し(いいむし)とは、もち米を水に浸けて十分にふやかしたあと蒸したもので、食材(具)を混ぜて蒸すこともあります。また、魚やいかの内臓を取りのぞいた中に生のもち米をつめて蒸した料理や、魚の切り身にあらかじめ蒸したものをのせ、さらに熱を加えたり、湯葉や竹皮などで包んで蒸しあげたりもします。そして、献立では蒸し物や煮物がわり、またはおしのぎに使うことが多いです。