「 和食の献立用語集 」一覧

スポンサーリンク


和食の献立別【料理用語集一覧】語源、意味、由来まとめ

献立別【料理用語集まとめ】各料理用語に移動いたします。■≫刺身の手法と造りの名称50音一覧 ■≫煮物用語集、語源、意味、由来50音順一覧 ■焼き物用語集50音順一覧 ■蒸し物用語集50音順一覧 ■揚げ物用語集50音順一覧【日本料理の献立名】≫それぞれの意味一覧【先付け~甘味】

煮物の語源、由来50音一覧【和食の献立、料理用語集】

【煮物の料理用語集】煮物の名称、語源、意味、由来「50音一覧」今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介している料理用語を、こちらでも検索できるように整理いたしましたので煮物作りや和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物の用語に移動いたします 。料理名を選んでお役立てください。

巻繊揚げ(けんちんあげ)の語源、由来とは【和食の献立 料理用語集】

巻繊揚げ(けんちんあげ)とは、けんちん地を魚や鶏肉で巻いたり、包んだりして揚げた料理のことです。巻繊地(けんちんじ)とは、細く切った野菜を油で炒め、その中にくずした豆腐を入れて更に炒めたもので、豆腐のかわりに玉子を使った場合は「玉子けんちん」といいます。

玉子巻繊蒸し(たまごけんちんむし)の語源、由来【和食の蒸し物 料理用語集】

玉子巻繊蒸し(たまごけんちんむし)とは、豆腐のかわりに玉子を使って「けんちん地」を作り、他の材料で巻いたり、包んだりして蒸した料理のことです。巻繊地(けんちんじ)とは、細く切った野菜を油で炒め、その中にくずした豆腐を入れて更に炒めたものです。■玉子で作った場合は「玉子けんちん地」といいます。

尾頭焼き(おかしらやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

尾頭焼き(おかしらやき)とは、魚の尾と頭がついた状態の焼き物のことで「尾頭付きの焼き物」という意味ですが、この言葉は使わずに尾頭付きの焼き物というのが一般的です。※親分や頭首の意味で使われる言葉の「おかしら」から、魚の頭の焼き物をこの名で呼ぶことはありませんので注意してください。魚の頭を焼いたものは兜焼き(かぶとやき)といいます。

和食の飯蒸し(いいむし)の意味とは【蒸し物 料理用語集】

飯蒸し(いいむし)とは、もち米を水に浸けて十分にふやかしたあと蒸したもので、食材(具)を混ぜて蒸すこともあります。また、魚やいかの内臓を取りのぞいた中に生のもち米をつめて蒸した料理や、魚の切り身にあらかじめ蒸したものをのせ、さらに熱を加えたり、湯葉や竹皮などで包んで蒸しあげたりもします。そして、献立では蒸し物や煮物がわり、またはおしのぎに使うことが多いです。

巻繊蒸し(けんちんむし)の語源、由来【和食の蒸し物 料理用語集】

けんちん地を他の材料で巻いたり、包んだりして蒸した料理のことです。巻繊地(けんちんじ)とは、細く切った野菜を油で炒め、その中にくずした豆腐を入れて更に炒めたもので、豆腐のかわりに玉子を使った場合は「玉子けんちん」といいます。名の由来≫「巻」は巻いたもの、そして「繊」には小さく切るという意味があり、油を使うところが特徴です。

蓮の葉蒸し(はすのはむし)とは【和食の蒸し物 料理用語集】

蓮の葉蒸し(はすのはむし)とは、材料をハスの葉で包んだり、巻いたりして蒸し揚げた料理の総称で、れん根を使用した場合は「ハス蒸し」といいます。※ハスの葉は仏事に使うものとして敬遠されることがありますので、慶事料理の場合は注意してください。≫蒸し物用語一覧を見る

スポンサーリンク