蓼科和え(たてしなあえ)の語源、意味、由来【和え物、酢の物の料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

蓼科和え(たてしなあえ)の意味

今回は本サイトの【料理用語集】から、りんごを使った和え物につけられる名の蓼科和え(たてしなあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

和え物の料理用語集

蓼科和え(たてしなあえ)とは

りんごのすりおろし、または細かく切ったものを土佐酢加減酢などと混ぜ合わせ、その調味酢を衣に用いて他の材料を和えた料理をいいます。

土佐酢の簡単な調味料割合と作り方

かきのりんご酢和え,冬の先付け,酢の物の献立,蓼科和え

かきの蓼科和えの作り方手順

蓼科酢の割合【りんご1個分】

りんごを使った合わせ酢の作り方

【料理屋の万能合わせ酢レシピ】酢の物好きの女性の方々に覚えてほしい割合

かきに関連した料理内容まとめ

かきの身を貝殻から取り出す基本手順

胡瓜(きゅうり)の切り方一覧

針ゆずの切り方手順

蓼科(たてしな)とは

長野県の茅野市(ちのし)に位置する山や高原に使われている名称で、信州がりんごの産地として有名なところから、りんごを使った料理にこの名を用います。

また、長野県の北佐久郡に立科町(たてしなまち)という町名があり、こちらは字が違いますが、古くから同様に使われている言葉とされます。

そして現在、町名のほうは「立」の字で表記され、山や高原は「蓼」の字があてられています。

【関連】

今回は本サイトの【料理用語集】から、おろしたかぶや大根おろしを使った和え物につけられる名の霙和え(みぞれあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。霙和え(みぞれあえ)とは、すりおろしたかぶや大根おろしを土佐酢、または加減酢などと混ぜ合わせて「おろし酢」を作り、和え衣として他の材料とあわせた料理をいいます。
■ 和え物に使える調味料割合 >
和食の料理用語集【和え物の語源、意味、由来一覧】今回は和え物の名称、語源、意味、由来などをまとめました。■各料理用語に移動いたしますので和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。【関連】和え物レシピ一覧■和え物に使える調味料割合

和え物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

和食の献立、料理用語集

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧
【和え物の献立集、月別一覧】今回は和え物に関連した献立を月別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
【酢の物の献立集】今回は「酢の物」に関連した献立を月別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

酢の物用あわせ酢割合50音順一覧へ

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

料理用語集 50音順検索一覧

【参考】

料理別の調味料割合を見る
野菜の飾り切り100選を見る

和え物の作り方やコツ、割合等につきましては≫「和え物レシピ関連一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただきありがとうございました。