08月の献立一覧

スポンサーリンク

夏の献立【8月の鮑(あわび)懐石料理】磯香

あわびは古くから日本で最も高貴な食材とされています。四方を海に囲まれた日本では、海自体が信仰の対象となり、深海にすむ肉厚のあわびは神々の食べ物ともいわれています。日本近海で食用にされるあわびは、めがい、くろ(別名おがい)、まだか、えぞの四種類で、中でも「くろあわび」の肉質が一番しまっており「まだかあわび」は少し柔らかいですから、蒸し貝や柔らか煮に合います。

【夏の会席料理お献立】

夏の会席料理お献立【先付けの献立】たこ湯引き酢味噌掛け、姫アスパラ、紅たで、たこの吸ばん、岩梨【吸い物の献立】枝豆とうにゅう豆腐、きす一夜干し、あずき、千枚南瓜、青ゆず【椀物献立集】

雷干し(かみなりぼし)の語源、由来【和食の献立料理用語集】

雷干し(かみなりぼし)とは、本来の雷干しは白瓜で作ることが多く、らせん切りにしたあと塩をして半日~1日ほど日に干します。そして、干したあと醤油に短時間浸け込んだり、合わせ酢であえて酢の物や、和え物などにします。また、瓜の浅漬けのように、そのまま食べることも多いです。雷干しの語源、由来

スポンサーリンク