利久浸し(りきゅうびたし)の語源と意味【料理の雑学、豆知識、和食の料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

利久浸し(りきゅうびたし)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

利久浸しとは

下処理した材料を調味した汁の合わせだしにつけて味を含ませる「お浸し」に胡麻(ごま)を加えた料理のことです。

利久の名の語源

安土桃山時代の茶人である「千利休(せんのりきゅう)1522~1591」が料理に胡麻をよく用いたことからついた名といわれ、休の字を忌み嫌って「久」が当てられています。

【他の例】

利久煮利久焼き利久揚げ、利久豆腐など

また、胡麻を使った料理を南部(なんぶ)という場合もあり、こちらは南部せんべいで知られる南部地方(南部氏の旧領地である岩手県と青森県にまたがる地域)が胡麻の産地であることから名がつけられています。

【関連】

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧

折敷(おしき)とは
日本料理の点心の意味
本膳(ほんぜん)とは
一汁三菜の種類と献立名
精進料理(しょうじんりょうり)

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【会席料理と懐石料理】

2つのかいせき料理の相違点とは!

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索

【参考】

料理別の調味料割合を見る

【項目別一覧表】

■ 下記の一覧表からは各カテゴリーに移動いたします。

他の用語につきましては≫「和食の献立、料理用語集」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク