御飯物関連の料理用語一覧

スポンサーリンク

継子丼(ままこどん)とは【和食の料理用語集】

継子丼(ままこどん)とは、他人丼の別名で、継子には「血のつながりが無い子供」という意味があります。他人丼(たにんどん)とは、だし、酒、醤油、みりん、砂糖などで作った煮汁に玉ねぎ、青ねぎ等の野菜類と豚肉、または牛肉を入れ、溶き卵でとじて丼に盛った熱い飯にかけた料理をいいます。

打掛(ぶっかけ)の意味【和食の雑学、豆知識】献立料理用語集

麺類の料理用語集【打掛(ぶっかけ)とは】掛け蕎麦(かけそば)の元になった言葉で、ぶっかけるという行為を表しています。【掛け蕎麦(かけそば)の名の由来】江戸時代の初め頃のそばの食べ方は、器に盛りつけた「そば」を箸で取り上げ、汁につけて食べるのが普通でした。ところが

掛け蕎麦(かけそば)の名の由来とは【和食の雑学、豆知識集】献立料理用語

麺類の料理用語集【掛け蕎麦(かけそば)の名の由来】江戸時代の初め頃のそばの食べ方は、器に盛りつけた「そば」を箸で取り上げ、汁につけて食べるのが普通でした。ところが、人足(にんそく)達は、仕事の合間に立ったまま手軽に食べられるようにと、汁をそばにぶっかけて冷たいまま食べ始めました。

スポンサーリンク