酢の物関連の料理用語一覧

スポンサーリンク

うざくの意味と簡単な作り方手順【和食の酢の物、料理用語集】

うざくとは鰻(うなぎ)の蒲焼きを用いた酢の物のことで「う」は鰻のことを表し「ざく」は胡瓜や白瓜のざくざくとした食感からきています。作り方①蒲焼きにした鰻を冷やして食べやすい大きさに切り分けてください②縦半分に切って種を取り除いた胡瓜をうすく切り、立塩に10~15分程度つけて繊維をしんなりとさせ、水けを軽くしぼってください。■立塩(たてじお)の意味

南蛮漬けの意味(なんばんづけのいみ)とは【和食の酢の物、料理用語集】

南蛮漬け(なんばんづけ)とは素揚げ、または粉をまぶしつけて揚げた魚介類や生麩などを唐辛子と焼きねぎを加えた合わせ酢で漬けた料理をいいます。■ 南蛮漬けには骨まで食べられることから小あじ、もろこ、小鮎、わかさぎなどの小魚が向き、漬ける際に玉ねぎのうす切りや人参の細切り等を入れる場合もあります。南蛮(なんばん)とは?

共酢(ともず)の意味とは【和食の酢の物、料理用語集】

【和食の酢の物、料理用語集】共酢(ともず)とは主材料の内臓を酢と調味料、または加減酢(だしを含む)等で調味し、主となる食材にかけたり和えたりする場合に使う合わせ酢のことです。主に魚介類を用いて、その肝や白子(精巣)を使う場合が多く、あんこう、皮はぎ、あわび、たい、ふぐ等で作ります。調理例【あんこうの共酢】

蓼科和え(たてしなあえ)の語源、意味、由来【和え物、酢の物の料理用語集】

蓼科和え(たてしなあえ)の【語源、意味】今回は、りんごを使った和え物名の蓼科和え(たてしなあえ)をご紹介したいと思いますので献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。蓼科和え(たてしなあえ)とは、りんごのすりおろし、または細かく切ったものを土佐酢や加減酢などの調味酢と混ぜ、和え衣として他の材料と合わせた料理をいいます。

檸檬酢(れもんず)の意味とは【和食の酢の物、料理用語集】

酢の物の料理用語集【檸檬酢(れもんず)とは】レモンの酸味を利用した合わせ酢のことで、かけ酢、つけ酢、和え酢などに使います。【レモン酢の効果】レモンを使用することで柑橘系(かんきつけい)の香りと生酢では表現できない柔らかい酸味を料理に取り入れられます。

梅肉和え(ばいにくあえ)とは【和食の酢の物、和え物料理用語集】

梅肉和え(ばいにくあえ)とは種を取り除いた梅干しを裏ごしする、または包丁で細かくたたいたものを和え衣に用いて魚介類や野菜、鶏肉などを和えた料理をいいます。梅肉には煮切り酒、煮切りみりん、うす口醤油、砂糖などを使って味をととのえる場合が多いです。

蓼科酢(たてしなず)の意味とは【和食の酢の物、料理用語集】

蓼科酢(たてしなず)とは林檎(りんご)をすりおろして土佐酢や三杯酢などの加減酢と混ぜた合わせ酢のことです。【蓼科とは】長野県の茅野市(ちのし)に位置する山や高原に使われる名称で、信州がりんごの産地として有名なところからこの名を用います。■土佐酢の割合と作り方

檸檬酢和え(れもんずあえ)とは【和食の酢の物、和え物料理用語集】

檸檬酢和え(れもんずあえ)とはレモン酢で材料を和えた料理をいいます。【調理例】なすとみょうがの和え物,はも湯引き、三つ葉、花穂じそ■檸檬酢(れもんず)とはレモンの酸味を利用した合わせ酢のことで、かけ酢、つけ酢、和え酢などに使います。しぼり汁は他の材料と合わせず、そのまま使う場合もあります。

スポンサーリンク