焼き物関連の料理用語一覧

スポンサーリンク

尾頭焼き(おかしらやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

尾頭焼き(おかしらやき)とは、魚の尾と頭がついた状態の焼き物のことで「尾頭付きの焼き物」という意味ですが、この言葉は使わずに尾頭付きの焼き物というのが一般的です。※親分や頭首の意味で使われる言葉の「おかしら」から、魚の頭の焼き物をこの名で呼ぶことはありませんので注意してください。魚の頭を焼いたものは兜焼き(かぶとやき)といいます。

鳴門焼き(なるとやき)の語源、由来【焼き物 料理用語集】

鳴門焼き(なるとやき)とは、鳴門海きょうのうず潮に見立てた焼き物につける名称で、形がうず巻き状になるように仕立てます。魚肉ねり製品の「なると」と同じ意味で使われ、焼き物の他に鳴門造り、鳴門蒸し、鳴門煮、鳴門揚げがあります。また、鳴門地方が「わかめ」の特産地ということから、わかめを使った料理にこの名を使う場合もあります。

南部焼き(なんぶやき)の語源、由来【和食の献立 焼き物料理用語集】

南部焼き(なんぶやき)とは、ゴマを入れたタレに材料を漬け込んで焼いた料理、または焼き上がりにゴマを振ってからあぶる焼き物のことをいいます。南部(なんぶ)とは、南部せんべいで知られる南部地方(南部氏の旧領地)岩手県と青森県にまたがる地域がゴマの産地であることから、ゴマを使った料理にこの名がつけられています。

南蛮焼き(なんばやき)とは【和食の料理用語集】

南蛮焼き(なんばやき)とは、和歌山県の南部にある田辺市の名産品で、ぐちのすり身で作る焼きかまぼこの一種です。【関連】同じ漢字の南蛮焼き(なんばんやき)につきましては≫「南蛮焼き(なんばんやき)の語源、由来【和食の献立】焼き物料理用語集」に掲載しております。

スポンサーリンク