焼き物関連の料理用語一覧

スポンサーリンク

雲丹蝋焼き(うにろうやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

雲丹蝋焼き(うにろうやき)とは、蝋焼きを作るときの卵黄に塩うにや練りうにを混ぜ合わせた焼き物のことです。【作り方の例】最初に少量の塩や酒、みりん、うす口醤油などを加えた卵黄に「うに」を合わせて焼きだれを作り、材料を素焼き、または塩焼きにしてください。そして、焼きだれを数回に分けて材料にうすく塗りつけ、乾かす程度にあぶってください。

ゆうあん焼きの語源、由来【和食の献立 焼き物 料理用語集】

ゆうあん焼きの【語源、意味】ゆうあんは漢字で「柚庵、幽庵、祐庵」の3つがあり、江戸時代に近江の国の茶人である北村祐庵が創案した料理です。一般的な献立には幽庵焼き、または柚子を使用することから柚庵焼きの字を書くことが多く、北村祐庵は美食家としても有名です。

若狭焼き(わかさやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

若狭焼きとは塩をあてた魚や干し物に使う調理方法で、酒焼きの一種です。若狭焼きの名の由来【関連】若狭焼きのたれ①若狭焼きのたれ②■焼き上がりに酒、または酒と醤油を合わせた若狭地を2~3回かけながら焼き色をつけて仕上げます。若狭地には「だし」や「みりん」を加える場合もあります。

蝋焼き(ろうやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

蝋焼き(ろうやき)とは、材料を素焼き、または塩焼きにして少量の塩や酒、みりん、うす口醤油などを加えた卵黄を焼き上がりに塗った料理のことで、黄身焼き、黄金焼きともいいます。【名の由来】火であぶった卵黄が「ろう」に似ていることから、この名がつけられています。蝋(ろう)とは

源平焼き(げんぺいやき)の語源、由来【和食の献立 料理用語集】

源平焼き(げんぺいやき)とは、赤と白の二色に焼き上げた料理につける名称で、源氏(白)と平家(赤)の旗の色に由来してつけられたものです。【例】鱧(はも)を塩焼きと照り焼きの二色に焼き上げて盛りつけるときや、同じ魚の2つの切り身で片方は身を上にして焼き、もう片方は皮目を上にした場合などにこの名を使います。

尾頭焼き(おかしらやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

尾頭焼き(おかしらやき)とは、魚の尾と頭がついた状態の焼き物のことで「尾頭付きの焼き物」という意味ですが、この言葉は使わずに尾頭付きの焼き物というのが一般的です。※親分や頭首の意味で使われる言葉の「おかしら」から、魚の頭の焼き物をこの名で呼ぶことはありませんので注意してください。魚の頭を焼いたものは兜焼き(かぶとやき)といいます。

鳴門焼き(なるとやき)の語源、由来【焼き物 料理用語集】

鳴門焼き(なるとやき)とは、鳴門海きょうのうず潮に見立てた焼き物につける名称で、形がうず巻き状になるように仕立てます。魚肉ねり製品の「なると」と同じ意味で使われ、焼き物の他に鳴門造り、鳴門蒸し、鳴門煮、鳴門揚げがあります。また、鳴門地方が「わかめ」の特産地ということから、わかめを使った料理にこの名を使う場合もあります。

磯辺焼き(いそべやき)とは【和食の焼き物 料理用語集】

磯部焼き(いそべやき)とは、のりを使った料理全般や磯でとれた材料を用いたときの名称で、和え物を磯辺和え、揚げ物を磯辺揚げといい、のりと大根おろしを混ぜたものは「磯辺おろし」といいます。また、単に「磯」という名を使う場合もありますので、献立を書くさいは使い分けてください。

南部焼き(なんぶやき)の語源、由来【和食の献立 焼き物料理用語集】

南部焼き(なんぶやき)とは、ゴマを入れたタレに材料を漬け込んで焼いた料理、または焼き上がりにゴマを振ってからあぶる焼き物のことをいいます。南部(なんぶ)とは、南部せんべいで知られる南部地方(南部氏の旧領地)岩手県と青森県にまたがる地域がゴマの産地であることから、ゴマを使った料理にこの名がつけられています。

南蛮焼き(なんばやき)とは【和食の料理用語集】

南蛮焼き(なんばやき)とは、和歌山県の南部にある田辺市の名産品で、ぐちのすり身で作る焼きかまぼこの一種です。【関連】同じ漢字の南蛮焼き(なんばんやき)につきましては≫「南蛮焼き(なんばんやき)の語源、由来【和食の献立】焼き物料理用語集」に掲載しております。

百草焼き(ももくさやき)の語源、由来【焼き物 料理用語集】

百草焼き(ももくさやき)とは、溶き卵に細かく刻んだ複数の材料(鶏肉、椎茸、たけのこ、人参など)を加えて焼き上げた料理につける名称です。百草(ももくさ)とは、色々な材料を取り合わせた料理につける名称で、同じ意味で使われる献立名に千草(ちぐさ)があります。

スポンサーリンク