南部焼き(なんぶやき)の語源、由来【和食の献立 焼き物料理用語集】

【南部焼き(なんぶやき)の意味】

スポンサーリンク

和食の焼き物、料理用語集

南部焼き(なんぶやき)とは

胡麻(ごま)を入れたつけだれに材料をひたして焼いた料理や胡麻を表面にまぶしつけた焼き物のことです。

南部(なんぶ)とは

南部せんべいで知られる南部地方(南部氏の旧領地である岩手県と青森県にまたがる地域)が胡麻の産地であることから、胡麻を使った料理にこの名がつけられています。

(例)南部焼き、南部揚げなど

また、胡麻を使った料理には「利久」の名が使われることもあります。

こちらは安土桃山時代の茶人の「千利休」が料理に胡麻をよく使っていたことから名がつけられ、休の字を忌み嫌って「久」があてられています。

【関連】

和食の献立、料理用語集

献立別の料理用語集一覧へ

焼きだれ、つけだれ一覧へ

焼き物の献立一覧へ
焼き物の串打ち手法一覧
焼き物に使える飾り切り一覧

焼き物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

献立のまとめを見る

献立を料理一覧から検索する

献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

【参考】

和食の調味料割合と配合一覧

だし、たれ、煮汁割合50音一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

季節別、旬の食材一覧表へ

野菜の飾り切り100選を見る

他の焼き物用語につきましては≫「焼き物の語源、意味、由来50音順一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク