市松揚げ(いちまつあげ)の語源、由来【和食の献立 料理用語集】

市松揚げ(いちまつあげ)の意味

スポンサーリンク

和食の揚げ物用語集

市松揚げ(いちまつあげ)とは

市松模様に仕上げた揚げ物につける名称です。

(例)

骨切りしたハモに人参とアスパラを互い違いに2本ずつのせて巻くと「市松模様」になります。

はもの市松揚げと枝豆の寄せ揚げ,夏の献立

また、桂むきにした野菜で人参と大根の拍子木切りを同じように互い違いに2本ずつのせて巻くと、紅白の市松模様が作れます。

アスパラと人参を芯にして

色鮮やかに巻く鱧の市松揚げの作り方

市松(いちまつ)とは

碁盤の目をひとますおきに、2色に塗り分けた模様のことです。

名の語源、由来

1741年、当時の人気歌舞伎役者「佐野川市松」が、江戸の中村座で行われた芝居で身に着けた袴(はかま)の柄がこの模様であったことからつけられています。

揚げ物用語一覧を見る

揚げ物の献立一覧へ

揚げ物に使える飾り切り一覧

天ぷらや揚げ物のつけ塩の作り方一覧

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧

献立のまとめ一覧を見る

献立を料理一覧から検索する
献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

揚げ物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

【参考】

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

他の料理用語につきましては≫「和食の献立用語集一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク