湯葉料理の東寺揚げ(とうじあげ)の語源、由来【和食の献立 料理用語集】

「東寺揚げ(とうじあげ)の意味」

スポンサーリンク

和食の揚げ物用語集

東寺揚げ(とうじあげ)とは

変わり揚げのひとつで、食材に湯葉をつけて揚げた料理のことです。

生湯葉で材料を包んで揚げたり、材料に打ち粉をしたあと卵白や薄衣をくぐらせて、干し湯葉を細かく砕いたものをまぶして衣にします。

海老や白身魚などにつけて揚げることが多く、作り方はフライによく似ています。

東寺(とうじ)とは

湯葉の別名として使われる言葉で、京都の東寺(教王護国寺)で湯葉が作られたことから名がついています。

この名称は湯葉を使った料理の総称としても多く使われており、東寺揚げの他にも「東寺煮東寺蒸し、東寺和え、東寺巻き」などがあります。

揚げ物用語一覧を見る

揚げ物の献立一覧へ

揚げ物に使える飾り切り一覧

天ぷらや揚げ物のつけ塩の作り方一覧

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧

献立のまとめ一覧を見る

献立を料理一覧から検索する
献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

揚げ物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

【参考】

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

他の料理用語につきましては≫「和食の献立用語集一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク