南禅寺揚げ(なんぜんじあげ)の語源、由来【和食の揚げ物料理用語集】

スポンサーリンク



南禅寺(なんぜんじ)揚げの語源、由来

今回は豆腐を使った南禅寺揚げの意味をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

和食の揚げ物、献立用語集

南禅寺揚げ「なんぜんじあげ」

豆腐を衣に使った揚げ物の総称です。

【作り方の例】

豆腐を水切りしてくずしたあと、薄力粉、卵、だし汁などと混ぜ合わせ、これを衣にして魚介類や野菜等につけて揚げます。

南禅寺「なんぜんじ」とは

豆腐を使った料理につける名称で、京都の蹴上(けあげ)「南禅寺」付近で良質の豆腐が作られたことから、この名を用います。

【関連】

⇒「織部揚げ(おりべあげ)とは

⇒「巻繊揚げ(けんちんあげ)とは

【他の揚げ物用語集、語源、意味、由来】

揚げ物用語一覧を見る

揚げ物の語源、由来50音一覧【和食の献立、料理用語集】
「揚げ物の献立、料理用語集」揚げ物の語源、意味、由来を50音順でご紹介しております。■各揚げ物用語に移動いたしますので、日本料理の献立作成や和食調理にお役立てください。

≫「揚げ物に使える飾り切り一覧

≫「和食に役立つ揚げ物の献立一覧

≫「天ぷらや揚げ物のつけ塩の作り方一覧

献立用語集一覧を見る

【献立用語関連】

≫「刺身の種類と造りの名称一覧

≫「焼き物関連、串の打ち方一覧

≫「焼き物用語、語源、由来一覧

≫「蒸し物用語、語源、由来一覧

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の雑学一覧

≫「料理の用語一覧

献立まとめ、料理一覧

≫【献立を料理別一覧から検索する

献立作成や和食調理にお役立てください。

次回は違う料理用語でお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報