雲丹蝋焼き(うにろうやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

雲丹蝋焼き(うにろうやき)

スポンサーリンク

和食の献立 焼き物料理用語集

雲丹蝋焼き(うにろうやき)とは

蝋焼きを作るときの卵黄に、塩うにや練りうにを混ぜ合わせた焼き物のことです。

焼き物の献立八種盛り,車海老,帆立貝の貝柱,白魚

作り方の例

【1】最初に、少量の塩や酒、みりん、うす口醤油などを加えた卵黄に「うに」を合わせて焼きだれを作り、材料を素焼き、または塩焼きにしてください。

【2】そして、焼きだれを数回に分けて材料にうすく塗りつけ、乾かす程度にあぶってください。

■ 3回に分けると見栄え良く仕上がります。

【3】最後に、加熱して固めた表面に「みりん」をうすく塗り、再度あぶって光沢を出すと完成です。

【調理例】

黒ごま焼きを挟んで上部に盛りつけた帆立が卵黄のみで焼き上げたもの(蝋焼き)で、下部にあるのが練りうにを混ぜ合わせた雲丹蝋焼きです。

帆立貝の貝柱を使った三色焼き,黄金焼き,うにろう焼き,ごま塩焼きの献立

名の由来

火であぶった卵黄が「ろう」に似ていることから、この名がつけられています。

蝋(ろう)とは

動植物から採取する脂肪に似た物質のことで、火をともす「ロウソク」の材料に使われています。

ろう焼きに使用する材料例

魚介類の切り身、鶏肉、しんじょ

かまぼこ、下処理を施した野菜など

卵黄には少量の小麦粉や片栗粉を加える場合もあります。
一般に生きた状態や生の物には海胆や海栗の字をあて、塩蔵品や加工品には雲丹の字を使いますが、混同されている場合も多いです。

【関連】

焼き物に関連した

【語源、意味、由来 50音順一覧】

季節別、旬の食材一覧表

焼きだれ、つけだれ一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧

野菜の飾り切り方法【100選】

【基本手順と切り方のコツ一覧】

和食の献立【料理用語集】

献立別の料理用語一覧

覚えておきたい嫌い箸、忌み箸

【禁じ箸などの意味と種類一覧】

献立のまとめ記事一覧

献立を料理一覧から検索する

焼き物レシピの関連へ

和食全般の料理内容を見る

【参考】

和食の調味料割合と配ごう一覧

料理別のあわせ調味料割合一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

焼き物や台の物の献立につきましては≫「焼き物の献立一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク