黄金蒸し(おうごんむし)の意味とは【和食の蒸し物 料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に気をつけながら経済活動を再開していただきたく存じます。
 

黄金蒸し(おうごんむし)の意味

スポンサーリンク

和食の献立 蒸し物料理用語集

黄金蒸し(おうごんむし)とは

鮮やかな黄色に仕上げた蒸し物の献立名で、主に卵黄を用います。

作り方の一例

材料に溶いた卵黄を塗って蒸したり、ゆでて裏ごしたものをのせて蒸し上げ、つやを出す為に提供する際「銀あん」をかける場合もあります。

■ 卵黄を使った蒸し物は「黄身蒸し」ともいい、白身魚や鮭、ます、海老、鶏つくね等に用いると色彩が引き立ちます。

【関連】

御凌ぎ(おしのぎ)とは

銀餡(ぎんあん)の意味

鼈甲餡(べっこうあん)の意味

蒸し物に関連した

【語源、意味、由来 50音順一覧】

和食の献立【料理用語集】

献立別の料理用語一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

献立のまとめ記事一覧

献立を料理一覧から検索する

蒸し物レシピの関連へ

和食全般の料理内容を見る

【参考】

野菜の飾り切り100選

季節別、旬の食材一覧表

和食の調味料割合と配合一覧

だし、たれ、煮汁割合50音一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

蒸し料理の献立につきましては≫「蒸し物の献立一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク