道明寺蒸し(どうみょうじむし)とは【蒸し物 料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

道明寺蒸し(どうみょうじむし)の意味

スポンサーリンク

和食の献立 蒸し物料理用語集

道明寺蒸し(どうみょうじむし)とは

道明寺粉を材料にまぶしたり、つけたりして蒸した料理です。

日本料理の献立では蒸し物煮物がわり、またはおしのぎとして使います。

道明寺粉(どうみょうじこ)とは

もち米を水に浸してから蒸したあと、乾燥させて粗くひいたものです。

■ ひき方には大粗、中粗、小粗の3種類があります。

また、粗くひく前のものは「道明寺糒(どうみょうじほしい)」といい、昔は保存食として道明寺糒を兵糧や旅の携帯食にしていました。

道明寺の名の由来

大阪府藤井寺市の「道明寺」で、天満宮饌飯(せんぱん)のお下がりを乾燥貯蔵したことが起源といわれています。

饌飯(せんぱん)とは、お供えした飯のことです。

■ 饌は訓読みで(そなえもの)と読み、神様に米などの食物を供えるという意味があります。

作り方の例

うす塩をあててから、そぎ切りにした材料の甘鯛、臭みの少ない白身魚全般、鶏肉などで道明寺粉を手まり寿司のように包み込み、蒸し器で加熱調理してください。

また、小ぶりの蒸し茶碗に道明寺粉を先に入れ、その上に材料をのせて蒸す場合もあります。

そして、仕上げにくずあんをかけて、おろしわさびやおろししょうが等を添えてください。

手まり寿司の作り方

お凌ぎの献立,ご飯物,手まり寿司五種盛り

【関連】

御凌ぎ(おしのぎ)とは

銀餡(ぎんあん)の意味

鼈甲餡(べっこうあん)の意味

蒸し物に関連した

【語源、意味、由来 50音順一覧】

和食の献立【料理用語集】

献立別の料理用語一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

献立のまとめ記事一覧

献立を料理一覧から検索する

蒸し物レシピの関連へ

和食全般の料理内容を見る

【参考】

野菜の飾り切り100選

季節別、旬の食材一覧表

和食の調味料割合と配合一覧

だし、たれ、煮汁割合50音一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

蒸し料理の献立につきましては≫「蒸し物の献立一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク