夏の食材を使った8月の献立、葉月会席料理「仲秋」

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【8月の献立】

今回は夏の食材を使った献立をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

8月の会席料理「仲秋」

葉月(はづき)のお献立

一、先付け

(二種盛り)

○枝豆豆腐茶巾寄せ(大文字見立て)

送り火イクラ

たいまつごぼう大原木

美味だし、松の葉

○鶏笹身くず打ち

白ずいき梅肉しょうゆ掛け

鶏皮せんべい、より南瓜

一、八寸

猪口

○夏鴨ロース煮、マスタードソース

鮎の玉子けんちん焼き

いかと胡瓜の奈良漬けの博多

うなぎしんじょう

有馬山しょう、木の芽

なす田楽、落ち小芋

結びきすうに焼き

かえでの葉、なすの葉

巻繊(けんちん)焼きとは

【鮎関連】

鮎の性別を見分ける簡単な方法

鮎の煮浸しを作るときの調味料割合

夏の献立集、鮎を使った会席料理

鮎の焼き物、鮎京(あゆけい)とは

一、先吸い (すまし仕立て

はもの焼き霜

梅肉、小メロン

湯葉水仙、口ゆず

焼き鱧(はも)の串打ち手順とコツ

鱧の照り焼きの作り方とコツ【注意点】

一、向付け

伊勢えび洗い

姫アスパラ、海ぶどう

アロエそうめん、キャビア

水前寺のり、三色けん

大葉じそ、紅たで

浅つき、山葵、より人参、浜防風

海ぶどうの使い方と注意点

【下処理方法と盛りつけ使用例】

一、焚き合わせ

冬瓜まんじゅう穴子射込み

散らしとうもろこし、焼きしい茸

おくら、くこの実

おろししょうが、銀あん

開き穴子の下処理方法とコツ

【骨、ひれ、ぬめりの取り方手順】

一、焼き物

蒸しあわびバター焼き

帆立貝柱、エリンギ

ちしゃ菜、ミニトマト、千ごく豆

レモン、岩塩

一、蒸し物

おこぜの酒蒸し、白豆腐、じゅんさい

芽ねぎ、しめじ、ゆずこしょうおろし

一、油物

太刀魚竹紙昆布揚げ

たこ白扇揚げ

万願寺とうがらし

赤ピーマン、喰いだし

一、酢の物

鱧と胡瓜のざくざく、はじかみ

針しょうが、花穂しそ、土佐酢

一、御飯代わり

鮎素麺

たでの葉、刻みみょうが

錦糸玉子、あられ海老

おろししょうが、そうめんだし

素麺の基本的なゆで方【注意点とコツ】

一、水物

すいか、巨峰

マンゴーシャーベット

セルフィーユ

一、甘味

長芋小豆きんとん、お抹茶

仲秋とは

秋の半ばのことで、陰暦での仲秋は8月の異名です。

また、中秋の名月という言葉がありますが、こちらの「中秋」は陰暦で月の満ち欠け周期の半分にあたる15日が満月と考えられていることから、一般に8月15日をさしています。

そして、中秋の名月のことを「十五夜」ともいいます。

【関連】

夏の献立一覧へ

夏の食材一覧表を見る

8月の料理内容

【葉月(はづき)の関連記事一覧】

【参考】

夏の料理関連一覧

【調味料割合】

和食の調味料割合と配合一覧

飾り切り方法につきましては≫「野菜の飾り切り【100選】切り方手順とコツ一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク