8月の鱧(はも)懐石料理お献立【葉月の日本料理メニュー】涼月

鱧懐石料理お献立「涼月」

今回は鱧を使った献立をご紹介したいと思いますので、夏の料理や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

夏のはも懐石料理お献立

【折敷(おしき)】

一、飯

一文字飯

一、汁

合せ味噌仕立て

青ずいき、水からし

一、向付

ハモ一枚落とし、梅肉和え

ハモ薄造り、加減酢

ハモ一夜干し

【関連】

■ 茶懐石料理の最初に出てくる御膳につきましては≫【折敷(おしき)とは】に掲載しております。

一、煮物椀

焼き目ハモ澄まし仕立て

焼きなす、輪ゆず、梅肉

吸い物の献立,鱧の焼き霜,汁物椀

一、焼き物

ハモの源平(げんぺい)焼き

はもの源平焼き,夏の焼き物の献立,つけ焼きと塩焼き

焼き鱧の串打ち手順とコツ

源平(げんぺい)焼きとは

鱧の照り焼きの作り方とコツ【注意点】

一、預け鉢 ()炊き合わせ

ハモ手綱巻き、かも茄子

一、強肴

ハモの子玉子締め

一、小吸い物

針南瓜、もみ海苔

一、八寸

ハモの肝焼き、白瓜かみなり干し

一、香の物

たくあん、茄子、きゅうり

はも懐石の献立一例です。

他の献立につきましては≫「茶懐石料理の献立一覧」に掲載しております。

■鱧(はも)

鱧は昔から海で梅雨の雨を飲む頃からが一番おいしいと言われ、この時期から身に脂がのります。

そして、八月の中旬から産卵期を迎えますが、他の魚と違って味が落ちることがなく、秋になると松茸と合わせることができます。

また、鱧は魚の中でも「お造り、煮物、焼き物、蒸し物、揚げ物」などの献立に幅広く使えて、他の色々な材料との相性がよい食材です。

鱧の生態

この魚は、ハモ科の海魚でウナギやアナゴと似た魚体をしており、体の上部は灰褐色、腹部は銀白色、背びれと尾びれは黒色でうろこが無いのが特徴で、全長が2mを超える個体も存在します。

そして、口が大きく鋭い歯を持っており、嚙みつきやすいことからハム「食(は)む」やハモの名がついたといわれています。

【参考】

和食の配合、調味料の割合

はもの焼きだれを作るときの割合

献立のまとめを見る

夏の献立一覧

8月の献立一覧

8月の料理内容

【葉月(はづき)の関連記事一覧】

献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

献立用語集、語源、意味、由来一覧

夏に使える飾り切りを見る

夏の料理食材につきましては≫「夏の食材50音順一覧表」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク