スポンサーリンク

11月の【かぶ懐石料理お献立】初霜

京の伝統やさい【聖護院かぶ】聖護院かぶは、京都左京区にある聖護院付近が原産ということから、名がついていますが、元々は近江の国(現在の滋賀県)堅田地方の近江かぶだといわれています。そして、肉質がきめ細かくて締まりがあり、甘味も強いので京都名物の千枚漬けによく使われています。

秋の茶懐石料理に役立つ11月の御献立【霜月】

11月の茶懐石料理お献立【飯】一文字飯【汁】いわし団子合わせ味噌仕立て、笹がきごぼう、ねぎ≫笹がきごぼうの切り方手順【向付】ひらめの昆布じめ大徳寺納豆包み、わさび■茶懐石料理の最初に出てくる御膳につきましては【折敷(おしき)の意味とは】に掲載しております。

スポンサーリンク