スポンサーリンク

土手鍋の意味とは?冬食材【牡蠣(かき)の献立】和食の料理用語集

土手鍋(どてなべ)とは貝類と野菜、豆腐などをみそ味のだしで煮る鍋料理のひとつで、鍋の周り(鍋のふち)にみそを土手のように塗ることからこの名があります。作り方手順の簡単な説明 ■ 白みそと赤みそで作った合わせみそを鍋の周りに土手のように塗りつけて、昆布とかつお節でとった出汁(だし)を中に注ぎ入れてください。そして、みそをだしに溶き入れながら、霜降りしたかき等の貝類と野菜、豆腐などを煮てください。

蛇の目(じゃのめ)語源、由来とは【和食の献立 料理用語集】

和食の献立、料理用語集【蛇の目(じゃのめ)】蛇の目とは太い輪の形に切ったり、作ったりしたものに使われる名称で、蛇の目は「へびの目」そして、蛇腹は「へびの腹」を表しています。⇒【蛇の目胡瓜の切り方手順と応用を見る】⇒【蛇腹胡瓜の詳しい切り方と失敗例を見る】

東寺和え(とうじあえ)の語源、意味、由来【和え物料理用語集】

東寺和え(とうじあえ)の意味、今回は本サイトの【料理用語集】から、ゆばを使った和え物につけられる名の東寺和えをご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。東寺和え(とうじあえ)とは、湯葉(ゆば)を和え衣に使用して他の材料とあわせた料理をいいます。

磯辺和え(いそべあえ)の語源、意味、由来とは【和え物料理用語集】

磯辺和え(いそべあえ)の意味、今回は本サイトの【料理用語集】から、のりを使った和え物につけられる名の磯辺和え(いそべあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。磯辺和え(いそべあえ)とは海苔(のり)を和え衣に使用して、他の材料とあわせた料理をいいます。

霙和え(みぞれあえ)の語源、意味、由来【和え物料理用語集】

今回は本サイトの【料理用語集】から、おろしたかぶや大根おろしを使った和え物につけられる名の霙和え(みぞれあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。霙和え(みぞれあえ)とは、すりおろしたかぶや大根おろしを土佐酢、または加減酢などと混ぜ合わせて「おろし酢」を作り、和え衣として他の材料とあわせた料理をいいます。

翁和え(おきなあえ)の語源、意味、由来【和え物料理用語集】

翁和え(おきなあえ)とは、おぼろ昆布、白髪昆布、とろろ昆布などの削った昆布を和え衣に使用した料理のことで、和え物以外に翁焼き、翁蒸し、翁揚げなどがあります。翁(おきな)とは、年を取った男性のことを表し、削った昆布が老人の白髪を想像させることから、この名があります。■和え物に使える調味料割合>

雲丹和え(うにあえ)とは【和え物料理用語集】

雲丹和え(うにあえ)とは、うにを和え衣に使った料理のことで、粒うに、または練りうに等を用います。【作り方の一例】うにと卵黄、酒、醤油などを混ぜ合わせて「和え衣」を作ります。また、相性の良い食材には、いか、えび、くらげ、貝柱、あわび、松茸、数の子などがあり、柔らかい食感のものよりも歯ごたえのある材料を多く使います。

芥子酢味噌和え(からしすみそあえ)とは【和え物料理用語集】

【芥子酢味噌和え(からしすみそあえ)の意味】今回は本サイトの【料理用語集】から芥子酢味噌和え(からしすみそあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。芥子酢味噌和えとは、練り味噌や玉味噌に酢とからしを加えて調味した和え衣と材料をからめた料理のことで、からしを抜いた場合は「酢味噌和え」といいます。

酢味噌和え(すみそあえ)とは【和え物料理用語集】

【酢味噌和え(すみそあえ)の意味】今回は本サイトの【料理用語集】から酢味噌和え(すみそあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。酢味噌和えとは、練り味噌や玉味噌に酢を加えて調味した和え衣と材料をからめた料理のことで、からしを入れた場合は「からし酢味噌和え」といいます。

親子和え(おやこあえ)とは【和え物料理用語集】

【親子和え(おやこあえ)の意味】今回は本サイトの【料理用語集】から親子和え(おやこあえ)をご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。親子和え(おやこあえ)とは、食材の上身と卵巣(真子)または精巣(白子)を調味して和えた料理のことで、鶏肉と卵を使った親子丼と同じ意味の献立名です。【親子和え】と表記できる料理例、鮭のいくら和え、たらの雲子和えなど

スポンサーリンク