竹紙巻き焼き(ちくしまきやき)とは【和食の献立 焼き物 料理用語集】

竹紙巻き焼き(ちくしまきやき)の意味

スポンサーリンク

和食の焼き物、料理用語集

竹紙巻き焼きとは

竹紙昆布(ちくしこぶ)と呼ばれる上質で少し肉厚な白おぼろ昆布で、他の材料を巻いた焼き物をいいます。

■ 竹紙昆布を焼き物に使うときは、吸い物だしで巻きやすいかたさにもどしてから調理し、酢の物の場合は「甘酢や土佐酢」でやわらかくしたあと、他の材料を巻いてください。

竹紙昆布が手に入らない場合は、さば寿司にのせたり、巻いたりする「白板昆布」で代用できます。

【関連】

献立別の料理用語集を見る

焼きだれ、つけだれ一覧へ

焼き物の献立一覧へ

焼き物の串打ち手法と名称一覧

献立のまとめを見る

献立を料理一覧から検索する

献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

焼き物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

【参考】

和食の調味料割合と配合一覧

だし、たれ、煮汁割合50音一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

季節別、旬の食材一覧表へ

野菜の飾り切り100選を見る

他の焼き物用語につきましては≫「焼き物の語源、意味、由来50音順一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク