織部揚げ(おりべ揚げ)の語源、由来【揚げ物 料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

織部揚げ(おりべあげ)の意味

スポンサーリンク

和食の献立 揚げ物料理用語集

織部揚げ(おりべあげ)とは

裏ごした材料で他の食材を包んだり、そのまま丸くまとめた揚げ物につける名称で、外側(表面)に食器の織部焼きを連想させる緑色をつけることから、この名があります。

(例)

南瓜の織部揚げ、里芋の織部揚げなど

【作り方の一例】

かぼちゃの皮をむいて小さく切り分け、蒸す、またはゆでてください。

そして、裏ごした実の表面にむいた皮をまぶし、その上から衣をつけて揚げてください。

また、すり身で作る場合は、かぼちゃの裏ごしをすり身に変えると作れ、こちらは衣をつけずに揚げられますが、色がつかない程度に仕上げてください。

※ 色をつけすぎると全体が茶色くなって「織部焼き」に見えづらくなるためです。

■ 織部の名は、古田織部という茶人の名に由来しています。

揚げ物用語一覧を見る

揚げ物の献立一覧へ

揚げ物に使える飾り切り一覧

天ぷらや揚げ物のつけ塩の作り方一覧

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧

献立のまとめ一覧を見る

献立を料理一覧から検索する
献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

揚げ物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

【参考】

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

他の料理用語につきましては≫「和食の献立用語集一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク