四季の松花堂弁当に役立つ献立4つ

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

四季の松花堂弁当お献立「縁高」

今回は松花堂弁当の献立を四季別に4つご紹介したいと思いますので料理作りや献立作成などにお役立てください。

スポンサーリンク

四季の松花堂弁当お献立「縁高」

春の松花堂弁当

一、口取り

小巻き玉子、こも巻き海老、いか桜寿司

蓮根おぼろ煮、帆立かぶら、若草百合根

ふき山吹、ぼんぼり七分豆、くわいせんべい

つくし辛煮、南天の葉

一、お造り

鯛重ね造り、いちご赤貝、わらび

芽かんぞう、より人参、よりうど

大根けん、大葉、わさび、紫芽

野菜の飾り切り一覧

一、焚き合わせ

若竹煮、うずら丸取り、菜の花、桜ふ

焼き目湯葉旨煮、こごみ、糸がき、木の芽

一、揚げ物

油目挟み揚げ、甘鯛うに揚げ、蕗のとう

青とう、椎茸、くず素麺、レモン、素塩

一、御飯

うすい御飯、桜花

一、汁椀

潮仕立て、竹の子絹皮、つくし南瓜

短冊大根、花びら水前寺のり、木の芽

⇒「春の献立一覧はこちらです

夏の松花堂弁当

一、口取り

すずき枝豆包み焼き、酢取りみょうが

三色串、(海老、花丸胡瓜、穴子八幡巻き)

小芋田楽、赤梅甘露煮豆乳寄せ、甘酢花蓮根

半熟玉子、子宝昆布、うちわ冬瓜、かえでの葉

開き穴子の下処理方法とコツ

【骨、ひれ、ぬめりの取り方手順】

酢取り(すどり)の意味

一、お造り

鮎(あゆ)二種盛り

鮎笹造り、鮎の背漉し、大根剣、胡瓜剣

大葉、花穂じそ、紅蓼、山葵

梅肉醤油、からし酢味噌、たでの葉

酢味噌の調味料割合

【鮎関連】

鮎の性別を見分ける簡単な方法

鮎の煮浸しを作るときの調味料割合

夏のお献立集、鮎を使った会席料理

鮎料理の献立を書くときの先付け集

【料理用語と豆知識】

料理の雑学、語源、意味、由来一覧

鮎の焼き物、鮎京(あゆけい)とは

【刺身の関連】

刺身の種類と造りの名称一覧

刺身に役立つわさび台の切り方一覧

【手順がわかると簡単に作れる】

夏の涼しさを演出する氷器の作り方

氷の器,刺身盛りあわせ,こおりつくり盛りIMG_4789

一、焚き合わせ

冬瓜フォアグラ巻き、星形南瓜、星形人参

細切り絹さや、椎茸、ミニオクラ、焼きなす

煮物に役立つ飾り切り一覧

煮物のだし汁、割合一覧表

一、揚げ物

馬鈴薯手毬揚げ、木の葉ピーマン

海老アーモンド揚げ、伏見赤唐レモン

鱧(はも)、赤おろし、美味出汁

鱧の湯引き手順とコツ

一、御飯

じゃこ御飯、みじん三つ葉

一、汁椀

すくい湯葉、なめこ、針ゆず

⇒「夏の献立一覧はこちらです

秋の松花堂弁当

一、お造り

うす造り、まぐろ山芋掛け、敷き菊葉

南瓜剣、菊人参わさび台、小線胡瓜

山葵、紅たで、土佐醤油、すだち

一、煮肴

博多豆腐、菊花人参、絹さや

粟麩べっこう煮、針しょうが

菊花人参の切り方手順

一、焼き肴

瓢箪(ひょうたん)玉子、鰻かば焼き

まな鰹西京焼き、蓮根甘酢漬け、舞茸

六方小芋田楽、塩煎り銀杏、はじかみ

もみじの葉、杉板、竹皮

蓮根の飾り切り一覧

一、進肴

しめじ菊菜浸し物、黄菊、とんぶり

一、御飯

栗御飯、柴漬け

一、汁椀

すまし仕立て

焼き目鱧、松茸、みず菜、へぎ柚子

食用菊のゆで方と保存方法

【酢の効果を利用した黄菊の色止め手順】

⇒「秋の献立一覧はこちらです

冬の松花堂弁当

一、前菜盛り

くわい水前寺巻き、金目鯛けんちん焼き

かにの内子、梅ごぼう、銀なん鴨博多

つばき寿司、白魚菊花和え

あんこう肝くん製東寺巻き

すだち、はじかみ

巻繊(けんちん)焼きとは

一、向付け

まぐろ磯香造り、車海老焼き霜、鮃肝巻き

壬生菜、寄せばくだい、大根剣、大葉

紫芽、山葵、焼きころ豆腐、土佐醤油

刺身の盛りつけに役立つ飾り切り一覧

桂むきの方法とコツ5つ

一、煮物

豚の角煮、結び大根、チンゲン菜

針しょうが、溶きからし

結び大根の切り方手順

一、油物

かに身大葉巻き、海老磯辺揚げ、きkす黄身揚げ

扇茄子、青唐、紅おろし、レモン、天だし

一、御飯

かき御飯銀あん掛け、洗いねぎ

煎りごま、きざみのり

一、吸い物

焼き梅、おきな昆布

⇒「冬の献立一覧はこちらです

【関連】

他の松花堂弁当につきましては≫「松花堂の献立一覧」に掲載しております。

献立のまとめ一覧

四季別の食材一覧

和食の調味料割合と配ごう一覧

和食のむきもの、飾り切り100選

今回は四季の松花堂をご紹介いたしました。

他の献立につきましては≫「本サイトの献立内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク