ちり蒸しの意味とは【和食の献立 蒸し物料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

ちり蒸しの意味

和食の献立 蒸し物料理用語集

ちり蒸しとは

新鮮な白身魚や豆腐、野菜類などを「ちり鍋風」に仕上げた蒸し物のことです。

【調理例】鯛のちり蒸し

椎茸、豆腐、菊菜、すだち、ポン酢添え

鯛の骨蒸し,春の献立

鯛かぶとのちり蒸しの作り方

ちり鍋とは

魚介類を主体にしてアクの少ない材料と共にひとつの鍋で煮ながらポン酢醤油で食べる鍋料理のことで、煮汁に昆布だし、または湯を使うのが特徴です。

また、単に「ちり」ともいい、てっちり、沖ちり、鯛ちり、たらちり、かにちり、寄せちり等があります。

ちりの名の語源

魚の切り身を煮ると、身が「ちりちり」と縮まる様子からこの名がつけられています。

【関連】

御凌ぎ(おしのぎ)とは

銀餡(ぎんあん)の意味

鼈甲餡(べっこうあん)の意味

蒸し物に関連した

【語源、意味、由来 50音順一覧】

和食の献立【料理用語集】

献立別の料理用語一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

献立のまとめ記事一覧

献立を料理一覧から検索する

蒸し物レシピの関連へ

和食全般の料理内容を見る

【参考】

野菜の飾り切り100選

季節別、旬の食材一覧表

和食の調味料割合と配合一覧

だし、たれ、煮汁割合50音一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

蒸し料理の献立につきましては≫「蒸し物の献立一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。