朝地和え(あさじあえ)の語源、意味、由来【和え物 料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【朝地和え、浅路和え、麻地和え】

今回は本サイトの【料理用語集】から、あさじ和えをご紹介したいと思いますので、献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和え物の料理用語集

朝地和え(あさじあえ)とは

胡麻(ごま)を使った和え物をいい、白の煎り胡麻で作った切りごまを砂糖、醤油等で味つけし、下処理を施した春菊や法蓮草などを和えた料理のことです。

人参の葉のごま和え

■ 朝地の他にも浅路や麻地の字が当てられ、胡麻の替わりにおからを使う場合もあります。

また、関東地方では朝地和えのことを「小町和え」とも呼びます。

朝地とは【名の語源】

イネ科の多年草である茅(ちがや)が、まばらに生えている様子をさす「浅茅(あさぢ)」の当て字です。

この名は、切り胡麻やおからなどの白っぽい材料を他の食材にまぶして、まばらに生えている風情を表した料理につけられます。

■ 茅とは、すすきなどと同じく「茅葺き屋根(かやぶきやね)」に使われる植物です。

小町とは【名の由来】

浅茅(あさぢ)が小町にかかる枕詞(まくらことば)であることから「小野小町(おののこまち)⇒ 絶世の美人といわれる平安初期の女流歌人」を連想してつけられた名称といわれています。

【関連】

法蓮草と焼きしめじの菊花和えの作り方

法蓮草としめじの菊花和え,いくら,秋の和え物の献立

法蓮草の胡麻和えの作り方手順

節分の前菜,2月の八寸の献立七種盛り

法蓮草のゆで方【基本手順】の詳しい内容

■ 和え物に使える調味料割合 >
和食の料理用語集【和え物の語源、意味、由来一覧】今回は和え物の名称、語源、意味、由来などをまとめました。■各料理用語に移動いたしますので和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。【関連】和え物レシピ一覧■和え物に使える調味料割合

和え物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

和食の献立、料理用語集

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧
【和え物の献立集、月別一覧】今回は和え物に関連した献立を月別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
【酢の物の献立集】今回は「酢の物」に関連した献立を月別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

酢の物用あわせ酢割合50音順一覧へ

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

料理用語集 50音順検索一覧

【参考】

料理別の調味料割合を見る
野菜の飾り切り100選を見る

和え物の作り方やコツ、割合等につきましては≫「和え物レシピ関連一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただきありがとうございました。

スポンサーリンク