春の和食,3月の茶懐石料理お献立「弥生の日本料理」

スポンサーリンク



3月の茶懐石料理お献立「春」

今回は弥生の茶懐石料理をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成などにお役立てください。

■茶懐石料理の献立構成につきましては「献立の形式~名称と順番」に、また、懐石と会席の違いにつきましては「2つのかいせき料理の相違点とは」に掲載しておりますので参考にしてください。

春の和食、3月の茶懐石料理お献立

一文字飯

汁(白味噌仕立て)

蛤入りひろうす(木耳、人参、百合根)

向付

伊勢海老の湯洗い、水前寺海苔

わさび、防風、加減醤油

煮物椀

鯛白子しんじょ、鯛皮湯引き、わらび

あぶりからすみ、木の芽

焼き物

鰆木の芽焼き

預け鉢(炊き合わせ)

筍土佐煮、鶏治部煮、若布、ふき、木の芽

【関連】

⇒「煮物の語源~治部煮の名の由来とは

⇒「筍土佐煮~筍を割合で簡単に煮る方法

強肴(和え物)

赤貝、鳥貝酒盗和え、貝割れ菜、花穂じそ

小吸い物

花びら生姜、とろろ昆布

八寸

桜ます菜の花巻き、一寸豆塩蒸し

香の物

たくあん、柴漬け、水菜漬け

今回は3月の茶懐石料理をご紹介いたしましたが、献立は一例ですので会席料理などにも応用してみてください。他の献立につきましては「茶懐石料理の献立一覧」に掲載しております。

また、春の食材につきましては「春の食材一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

【春の和食関連】

○⇒ひな祭り会席料理 ○⇒筍会席料理

◎⇒献立まとめ料理一覧

弥生の献立一覧へ ○「春の献立一覧」へ

四季の食材につきましては「旬の食材一覧表」に掲載しておりますのでお役立てください。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク