雷干し(かみなりぼし)の語源、由来【和食の献立料理用語集】

「雷干し(かみなりぼし)」の語源、由来

スポンサーリンク

和食の献立、料理用語

雷干し(かみなりぼし)とは

本来の雷干しは白瓜で作ることが多く、らせん切りにしたものに塩をして、半日から1日程度天日に干します。

そして、干したあとは醤油に短時間つけ込んだり、合わせ酢で味つけして酢の物や和え物などに使います。

また、瓜の浅漬けのように、そのまま食べることも多いです。

雷干しの語源、由来

瓜を干しあげた形が雷神の持っている太鼓に似ているところからこの名がついたという説と、の多い時期に干して作ることから「雷干し」と名付けたという説があります。

■ 雷干しの切り方につきましては「胡瓜で雷干しを作るときの【切り方】らせん切り」に掲載しておりますので参考にしてください。

胡瓜,雷干し,飾り切り,きゅうり

献立用語集一覧を見る

【献立用語関連】

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語、語源、由来一覧

蒸し物用語、語源、由来一覧

揚げ物の名称、語源、由来集

和え物【関連レシピへ

酢の物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

料理の雑学、豆知識一覧

献立のまとめを見る

献立を料理別一覧から検索する

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク