夏の献立【8月の鮑(あわび)懐石料理】磯香

夏のあわび懐石

8月の献立「磯香」

今回は鮑を使った献立をご紹介したいと思いますので参考に参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

夏の鮑(あわび)懐石料理お献立

【折敷(おしき)】

一、飯

一文字飯

一、汁

大徳寺納豆仕立て

赤ずいき、ちその実

一、向付

あわび葛打ちと海素麺の共だれ

プチトマト、花穂紫蘇

【関連】

■ 茶懐石料理の最初に出てくる御膳につきましては≫【折敷(おしき)とは】に掲載しております。

一、煮物椀

あわび柔らか煮、冬瓜、薄葛仕立て

絹さや、椎茸、もぐさ生姜

一、焼き物

あわび磯焼き、生うに、わかめ

一、炊き合わせ(進肴)冷し鉢

あわび、車海老、南瓜、小芋

豆おくら、青柚子

一、揚げ物 (進肴)

あわびかりん糖、青のり

一、小吸い物

山ぶどう

一、八寸

二見あわび、枝豆

一、香の物

茄子、きゅうり、たくあん

あわび懐石料理の一例です。

他の献立につきましては≫「茶懐石料理の献立一覧」に掲載しております。

あわびの旨みと特徴

あわびは古くから日本で最も高貴な食材とされています。

四方を海に囲まれた日本では海自体が信仰の対象となり、深海にすむ肉厚のあわびは神々の食べ物ともいわれています。

日本近海で食用にされるあわびは、めがい、くろ(別名おがい)、まだか、えぞの四種類で、中でも「くろあわび」の肉質が一番しまっており「まだかあわび」は少し柔らかいですから、蒸し貝や柔らか煮に合います。

「あわびの旬」

あわびの旬は夏で、強い磯の香りと海のイメージを演出してくれる食材です。

そして、独特の香りのあるコリコリとした生の食感と、柔らか煮や蒸し煮にしたときのむっちりとした歯ごたえの両方が味わえる食材です。

【関連】

夏の献立一覧

8月の献立一覧

8月の料理内容

【葉月(はづき)の関連記事一覧】

献立のまとめを見る

献立を料理一覧から検索する

献立四季報【サイト内容一覧】本ページでは和食の献立を項目別に整理いたしましたので、四季の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各項目の料理内容に移動いたします。月別、料理別の献立集一覧へ

献立用語集、語源、意味、由来一覧

夏に使える飾り切りを見る

夏の食材につきましては≫「夏の食材50音順一覧表」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク