貝塚煮(かいづかに)の語源、由来とは【煮物の料理用語集】

「貝塚煮(かいづかに)」の意味

スポンサーリンク

和食の献立、煮物用語集

貝塚煮(かいづかに)とは

小魚や貝類を酢味でやわらかく煮た料理のことで、魚は骨まで食べられるように煮てあります。

■ 貝類や内臓を取り除いた小魚を、酒と酢でやわらかくなるまで煮てから醤油を加えると短時間で煮上がります。

煮物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

【季節別】煮物関連の調味料割合一覧

煮物の由来、雑学一覧へ

【献立用語関連】

献立用語集一覧へ

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

揚げ物の名称、語源、由来集

献立のまとめ一覧を見る

和食の献立、料理一覧

今回は貝塚煮をご紹介いたしました。

煮物の献立につきましては≫「煮物の献立一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク