おせち料理の食材がもつ幸福への願いと意味8つ【正月料理の雑学集】

スポンサーリンク


おせち料理の語源、意味、由来

お正月に食べる「おせち料理の食材」には、縁起をかついだものが数多くあり、それぞれが持つ「めでたい」意味や幸福になるための願いが込められています。

今回は、その料理から、どのおせちにも入っていそうな食材(えび、黒豆、ぶり、れん根、数の子、昆布巻き、栗きんとん、田作り)の8つをご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや和食調理にお役立てください。

正月の献立、おせち料理が持つ縁起が良い理由とは

おせち料理に入っている食材の語源、意味、理由

【祝い料理の幸福になる意味と願い】

えび「長生き」

えびには2つの意味があり、ひとつは「えびのように長いひげが生えるまで」もうひとつが「腰が曲がるまで」この2つのことから、長寿の願いが込められています。

そして、本来はこの理由から頭を取らず、ひげも切らずにそのまま調理して祝い膳に出すのが一般的です。

※ ひげは下処理として切ることが多いですが、縁起や願かけといった理由から、祝い膳の場合は切らない方が良いです。

黒豆「無病息災」

元来「まめ」には丈夫や健康という意味がありますが、その他にひとつ理由があって、豆⇒まめ(まじめ)に働くの語呂合わせから、新年に食べます。

ぶりの焼物「出世」

ぶりは名前が変わる出世魚の代表格という理由から、出世するようにという願いが込められています。

【関連】

⇒「ぶりの照り焼きを作るときの割合

⇒「焼き物のつけだれ、かけだれ割合一覧

れんこん「見通し」

れんこんには、向こう側が見える穴がいくつも開いていますので、これから1年の見通しが良くなりますようにという願いを込めて食べます。

数の子「子孫繁栄」

数の子はにしんの卵(卵巣)です。

そして、にしんは「鰊」や「鯡」と書きますが、おせち料理や祝い膳の場合は「二親⇒両親」に例えられ、たくさんの子があることから子宝に恵まれますようにという「子孫繁栄」の願いが込められています。

【関連】

⇒「数の子の薄皮むきと下処理のコツ

昆布巻き「子孫繁栄」

昆布の理由を漢字にすると「養老昆布」という字を書きます。

これを「よろこぶ」と読み、祝い料理の縁起物として結婚式や長寿の祝膳に使われます。

そして、昆布にはもうひとつ「子生」の字をあてて、子孫繁栄を願う意味があります。

栗きんとん「豊かな1年、勝ち」

きんとんは「金団」という字をあてて、金の団子という意味があります。

これを黄金の財宝に例えて「豊かな1年」が過ごせますようにという願いで食べます。

そして、栗にも縁起物としての理由があり、こちらは「搗ち栗」と書いて「かちぐり」と読みます。

これは、栗を使ったお菓子のことですが、「搗ち」を同じ読みの「勝ち」に例えて、何事も勝ちにつながるようにという願いが込められています。

田作り、ごまめ「五穀豊穣、無病息災」

田作りは、かたくちいわしの幼魚を乾燥させたもので、お正月には欠かせない食材のひとつです。

この名は昔、田植えの祝い肴(ざかな)として用いたり、実際に田の肥料として魚を使ったことに由来しています。

そして、別名のごまめにも同じ意味があり「五万米」の字をあてて、五穀豊穣の願いが込められます。

また、ごまめにはもうひとつの意味があり、先ほどの黒豆と同じく、忠実(まめ)ということから、体が丈夫でよく働けるようにという「無病息災」の願いも込められています。

お節料理(おせちりょうり)

おせちとは、節会(せちえ)の供御で、節句料理のことをいいます。

そして、この料理は昔、五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)のさいに用意していましたが、のちに正月の祝い膳をおせちというようになりました。

また、おせち本来の姿は三方に白米、のしあわび、伊勢海老、かち栗、昆布、ほんだわら(じんばそう)、串柿、裏白、ゆずり葉、だいだいなどの縁起ものを供えた形で、現在では鏡もちにその姿が表されています。

【他の語源、由来、意味】

⇒「鏡もちの語源、由来とは

⇒「おせち料理にごぼうを使う理由

⇒「煮染め(にしめ)の語源と意味

⇒「雑煮(ぞうに)の語源、煮物用語集

⇒「年越しそばを大みそかに食べる理由

【1月7日の七草がゆ】

⇒「春の七草~種類と特徴

~「では、秋の七草とは?

【1月15日の小豆(あずき)がゆ】

⇒「1月15日に小豆がゆを食べる理由

■ 五節句や和食の決まり事の詳しい内容につきましては⇒「日本人が茶碗を持って食べる理由とは!和食の決まり事の意味」に掲載しておりますのでお役立てください。

正月料理の献立一覧

1月料理の献立一覧

【関連】

≫「冬の食材一覧

【冬の食材一覧表】今回は和食で使える冬が旬の料理食材を集めて一覧表にいたしましたので、献立作成や会席、懐石、松花堂弁当など冬料理の参考にされてはいかがでしょうか。【関連】≫季節別、旬の食材一覧

≫「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

冬の献立一覧

冬の飾り切り方法一覧

献立まとめ⇒料理一覧

献立を料理別一覧から検索する

≫「四季の旬食材~季節別の一覧表

≫「献立名の語源、意味、料理用語集

【参考】

≫「和食の割合と調味料の配合

≫「煮汁の割合と配合 50音一覧

≫「鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

今回は、おせち料理の食材が持つ意味や理由をご紹介いたしました。

祝い料理や正月の献立などにお役立ていただければ幸いです。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報